左利きのネタ

なんでサウスポー(南の手)=左利き?



左利きのことを表す、サウスポー。この言葉、本来はsouth(南)paw(古語で「手」を意味する)→「南の手」と訳されます。
なぜ「南の手」が左利きを指すのでしょうか?

 

始めてこの言葉を使ったのはスポーツ記者のチャールズシーモアだと言われています。

 

野球の本場アメリカのシカゴ野球場では、打者は東向きで打席に立っていました。
これは打者が太陽光線を直接目に浴びないようにするためです。
投手は打者側(西)に足を踏み出して投げます。
投手が右利きの場合、北側から手が出てきます。

hidari

投手が左利きの場合には、当然その逆、「南側」となります。

 

ちょっとややこしいですが、この理由から左利きの投手のことがサウスポーと呼ばれるようになり、これが人々の間に広まっていき、一般的な左利きを指す言葉として定着したようです。

コメント

ライター募集!

ヒダリキックコンテンツ

左利き関連リンク

ヒダリキックインタビュー

左利き専用レフティギター専門店の誕生秘話!?谷口楽器インタビュー 左利きライフ研究家20年! レフティやすお インタビュー