左利きのヒト

クルム伊達公子



テニスプレイヤー

1970年9月28日生まれ。京都府京都市上京区出身。

 

相手の打ったボールが自分のコートでバウンドした直後の上がり端を打ち返す、非常に高度な技術、「ライジング・ショット」の名手として、世界的にも有名なテニス選手。

 

世界トップ選手へと躍進し始めた頃の伊達は、“ライジング・サン”(日の出)と呼ばれたほど。

 

4大大会で女子シングルス準決勝に3度進出し、これを含めて4大大会でのシングルスベスト8入りは6回にのぼり、準決勝進出・ベスト8入りとも日本女子選手歴代最多記録を誇り、

すべての4大大会でベスト8入りした最初の日本人女性としても有名です。

 

本来は左利きであるが、子供の頃に日本の習慣に従って右利きに直されたため、

テニスの試合でも相手選手がバックサイド(左側)に打ってきたボールを左打ちする場面がしばしば見られました。

 

日常生活でも、サインの時などに左手を用いることがそうです。

コメント

ライター募集!

ヒダリキックコンテンツ

左利き関連リンク

ヒダリキックインタビュー

左利き専用レフティギター専門店の誕生秘話!?谷口楽器インタビュー 左利きライフ研究家20年! レフティやすお インタビュー