左利きのモノ

あったらいいなと思う左利き商品アイデアvol1:多かったアイデアベスト6位〜10位



この度ヒダリキックマガジンで2013年8月13日の左利きの日特別企画として、
8月13日〜9月30日の期間の実施した『あったらいいなと思う左利き商品アイデア大募集!!』の結果発表を少しずつ公開していきます!

 

今回の投稿募集では合計で320件の応募がありました。
また寄せられた意見の中には、既に商品として存在しているものも多くありました。

 

今回は寄せられたアイデアの中から意見の多かったアイデアランキングということで意見数でベスト6位〜10位をご紹介していきます。

 

◯あったらいいなと思う左利き商品多かったアイデアベスト6位〜10位

 

第10位:キーボード

キーボード 左利き

寄せられたコメント:

 

「商品名通り、テンキーが左側についているキーボード。左利きに限らず、右手でマウス、左手でテンキーで操作したい人にもお勧め。テンキーレスキーボードで外付けテンキーをプラスするという方法もあるとは思います。やはり割高になるでしょうか。」

 

「テンキーがキーボード左側についているパソコン。別体のテンキーをつけなくとも利き手で計算ができます(特にノートパソコン)。またエンターキーが左手で扱えるのも使いやすそう。」

 

第9位:カッター

カッター 左利き

寄せられたコメント:

 

「ほとんどが右利き用ですが、カッターの刃はそのままに、本体先端の刃の出る部分を左右対称にすることで、刃を裏返せば左利き用にも使えます。」

 

「利きなので、部品を交換して左利き用として使用できれば、コストも下げられるのでは。」

 

「カッターの類ではデザインナイフくらいしか共用できないので、カッターの刃を裏返すだけで兼用できるものがあればいいかも。」

 

第8位:コントローラー

コントローラー 左利き

寄せられたコメント:

 

「ボタン配置が既存の物と全く逆のゲーム用コントローラー。
ボタン連打等がしやすくなります。ありそうで無い一品。」

 

「右利き用になっているから。連打のときは、利き手でやりたい!」

 

第7位:定規

定規 左利き

寄せられたコメント:

 

「短い定規で長い線を引く場合、右利きの人は、例えば10㎝測り、そのままペンを10㎝の所に置き、定規を右にずらせば、どんどん長く測れます。
しかし左利きの場合、右から左に引くので、少し測りづらいです。できれば右から左に0から10㎝と数字が大きくなるような定規が欲しいです。」

 

「右から数字が書いてあるものさしがあれば、手元が影にならずに線を引いたり、カッターナイフが使えるので。」

 

 

第6位:自動販売機
左利き 自動販売機

寄せられたコメント:

 

「ジュースやタバコなど一般的な自動販売機の大半はお金の投入口が右端にあります。左手でお金を投入しようとすると、体をよじるような体勢になり負担がかかります。特にお札を入れるときなどは不自然な体制になります。かといって、効き腕ではない右手でお金を投入しようとすると、お金がうまく投入できなかったり落としてしまう危険性が増えます。投入口を左にしろ、とまでは言いませんが、投入口が中央付近に有ればどちらの効き腕でも不便なく購入できると思うのですがいかがでしょうか?」

 

「自販機、お金を入れるときやっぱり右利き用と感じる。真ん中がいいな。お金をいれるところ。」

 

「商品というと少し違いますが、自動販売機の中にはまだ、硬貨投入口が右側にあるなど左利きの人に向いていない仕組みのものがあります。商品の落とし口が左右どちらからでも取り出せるように、硬貨も左右どちらからでも入れられるようにしてあるのはどうでしょうか。」

 

「コイン投入口が左側にある自動販売機。壁際とかにおかれていると右側の投入口にいれるのが不便です・・。」

 

 ◯次回は多かったアイデアベスト1位〜5位を発表

いかがでしたでしょうか。
さて今回は多かった意見の6位〜10位を発表いたしました。

やはり手先を使って作業に使用するものは不便さを感じているようです。

自動販売機などは小銭の入れ口は小さいので確かにみんなが感じている部分かもしれませんね。

 

気になる多かったアイデアベスト1位〜5位はまた次回!お楽しみに!

コメント

ライター募集!

ヒダリキックコンテンツ

左利き関連リンク

ヒダリキックインタビュー

左利き専用レフティギター専門店の誕生秘話!?谷口楽器インタビュー 左利きライフ研究家20年! レフティやすお インタビュー