左利きのヒト

松本人志



お笑いコンビダウンタウンのボケ担当。エッセイスト、作詞家、映画監督などでも幅広く活躍。

1983年、高校卒業後に幼なじみの浜田雅功に誘われてダウンタウンを結成、大阪吉本NSCの第一期生だそうです。強烈でシュールなボケで1990年代以降のお笑いに多大な影響を残しました。

 

独特のお笑い論を持っており、それを積極的に著書で発表することによって世のお笑いに対する意識を向上させたといわれています。「週刊朝日」で連載していたコラムをまとめた「遺書」「松本」はそれぞれ250万部、200万部を突破し、芸能人が発表した著書の売り上げで歴代2位という記録を達成しました。(ちなみに1位は750万部も売れた、黒柳徹子の「窓ぎわのトットちゃん」)

 

1998年夏に、突如頭を丸刈りに。この頃からそれまでの先鋭的な芸風からマイルドな芸風へと変貌していったようです。

 

2007年に初の映画作品「大日本人」を発表。カンヌ映画祭に招待されています。

 

現在、ダウンタウンとしての活動の他、ピンとしての活動も行っていて、漫才コンテストの「M-1グランプリ」(ABC)でも筆頭審査員としてほぼ毎回参加しています。

 

これら独特の芸風や映画に発揮される強烈に個性的な才能は、左利きに見られる、感性、感覚を司る右脳の発達からきているのかもしれません。

コメント

ライター募集!

ヒダリキックコンテンツ

左利き関連リンク

ヒダリキックインタビュー

左利き専用レフティギター専門店の誕生秘話!?谷口楽器インタビュー 左利きライフ研究家20年! レフティやすお インタビュー